DevOps

業務経験7年以上

次のエキスパートがおります

マネージドサービス
継続的インテグレーション
継続的展開
インフラ管理

当社のエンジニアと話す

DevOpsについて

DevOps とはソフトウェア開発と、ソフトウェア開発者とIT専門家のコミュニケーションに重点を置く運用慣例を組み合わせたものです。DevOpsを実践することで、計画から納品までのすべての関係者間の協力体制が向上し、プロセス全体が自動化されます。DevOpsの目的は、ソフトウェアイノベーションがより迅速で信頼性高く発生するカルチャーおよび環境を確立して、よりよいカスタマーエクスペリエンスに寄与することです。

 

当社のDevOps経験

managed service

マネージドサービス

高度な自動化を実行することや、アイドルコードをより頻繁に製造に送信することから急速に拡大することが見込まれるビジネスにおいては、開発と運用の融合はホットトピックになっています。DevOpsマネージドサービスは、DevOpsトランスフォーメーションジャーニーを加速したいビジネスにとっての強制オプションであり、クラウドインフラとDevOpsテクノロジーを使用してソフトウェア供給基盤を中央管理します。当社のエキスパートはクライアントと協働して戦略的テクノロジーロッドマップを作成し、ビジネスの目的を、高品質な作業を供給し、成長をもたらすアクショナブルなアイテムを持つ順位付けされたモジュールに変換します。当社は、スキルの管理がDevOpsの採用を助ける可能性があること、およびその熟成ジャーニーが困難であることを理解しています。DevOpsを効率的に実行するには、クライアントのビジネスにマネージドサービスプロバイダーが必要です。

継続的インテグレーション

継続的インテグレーションはDevOpsプラクティスの一つであり、開発技術者は定期的にそのコード変更を、自動構築およびQAプロセスが実行されている集約化されたコードレポジトリにマージします。チームにおける従来の開発技術者は、長期にわたって単独で作業し、作業が完了したら、変更をマスターブランチにマージするかもしれません。これによりマージングコードの変更が困難で時間がかかるようになり、その結果長期にわたってバグが修正されることなく蓄積することになります。連続的インテグレーションを通じて、当社はソフトウェアリリースプロセスの構築および統合ステージにクライアントを誘導し、自動化および文化的コンポーネントを巻き込みます。当社の継続的インテグレーションサービスでは、バグをすばやく発見して処理することで、ソフトウェア開発の効率を向上させ、ソフトウェアアップデートの検証およびリリースまでの時間を削減します。
continous integration
continous deployment

継続的展開

DevOps は、従来の運用側の責任および開発側の責任を自動化する新しいカルチャーを打ち建てることで従来の壁を壊しています。DevOpsはソフトウェア供給における企業に不可欠な機能です。DevOpsの継続的展開によって、コードのすべての変更は自動的に製造に展開されます。このアプローチは、エンドカスタマーをリアルタイムテスターとして使用するビジネス計画と一緒によく機能し、企業がデジタルオポチュニティを利用する能力を与えます。継続的開発にはインフラ管理、ツール、プロセスおよびアジリティおよび自動化を向上させるための運用が含まれます。当社のエキスパートは当社クライアントへのDevOps環境管理のためのマネージドサービスを推奨しており、インフラ設定、環境モニタリング、およびインシデントの管理を含む、アクティビティの幅広い要素に対する標準化された手法および自動化構造を提供します。当社の目的は、標準化されたテストプロセスに合格しているすぐに展開できる構築モデルです。

インフラ管理

インターネットサービスの向上とスマートフォンの普及によって、ビジネスは過酷な競争およびその結果としての利益幅の急激な低下に見舞われており、製品投入のタイムフレームが著しく削られています。組織はDevOpsを取り入れても、古い習慣は新しい世界にも持ち越されます。例えば、納入管理に不具合があったり、災害復旧プロセスが荒廃している場合、これらの問題はその発生に応じて処理されるか、致命的な地点に達するまでまったく処理されません。当社のインフラサービスでは、すべての関係者が必要に応じて開発および試験にアクセスして、最新の製造環境を詳細に映し、製造準備コードを生成して急激に確認することを奨励します。競争における長所であるという約束にもかからず、多くの組織がDevOpsモデルを持ち続けるようにすることがインフラ管理の要件です。
aws
0 +
エキスパート開発技術者数
0 +
納入プロジェクト数
0 +
平均リソース経験年数
0 +
取引先のある国の数

当社の使用するテクノロジー